カウントダウンタイマー

東京オリンピック2020 飛込の日本代表選手候補一覧(男女別)

投稿日:2017-01-10 更新日:

来たる東京オリンピック2020では28競技306種目、参加予定選手は10,500人、参加予定国地域は204にも登る予定です。その中の競技の一つである「飛込」。今まではあまりメディアに取り上げられることのなかったスポーツですが、昨今では漫画や映画の題材になる等、にわかに注目を集めつつあります。今回はその飛込の代表選手候補を男女別でご紹介します。

【スポンサードリンク】

東京オリンピック2020 飛込の代表選手は誰?男子

【寺内健(てらうちけん)】
生年月日:1980年8月7日(36歳)
出身地:兵庫県宝塚市
出身校:此花学院高等学校
所属:ミキハウス
身長:170cm
体重:68kg

まず、最初に紹介しなければならないのが飛込界のレジェンド、寺内健選手です。生後半年から水泳を始め、競泳選手としてタイムが伸び悩む中、飛込の日本代表コーチ、馬淵崇英さんに見いだされ、小学校5年生の時に飛込に転向しました。中学二年生の時に日本選手権に出場し史上最年少で初優勝、1996年の高校一年生の時にアトランタ大会出場、以後、5回オリンピックに出場しています。日本飛込界を先導し続け、また確実に成績を残しており、2001年の世界選手権では3m飛板飛込で日本人初の銅メダルを獲得しました。
甲子園大学大学院卒業後、一度は引退も考え、2009年にミズノに入社後、営業職に転向しましたが、2011年現役復帰とミキハウス所属を発表し活躍し続ける、日本のエースです。

また同時に、今まで5度もオリンピックに参加しながらも、メダルにあともう一歩及ばない不運な面も持ち合わせています。昨年のリオ大会では、止まない強風が収まる前に待ちきれず飛び、飛込人生最低点を出してしまいました。続く演技で挽回を図るも失敗ジャンプが合計得点に響き、結果として4度連続で出場して来た決勝へ進めず予選で敗退してしまいます。この不完全燃焼な結果を受けて、「東京オリンピックも目指したい」と翌大会での雪辱を誓いました。悔しさをバネに充分な経験と結果を備えるレジェンドが、東京大会で最高の結果を目指して華麗にジャンプしてくれることを期待しましょう。

【坂井丞(さかいしょう)】
生年月日:1992年8月22日(24歳)
出身地:神奈川県相模原市
出身校:日本体育大学
所属:ミキハウス
身長:171cm
体重:58kg

続いて紹介したいのが、坂井丞選手です。両親ともに元飛込選手で現在コーチ、姉と妹も現役の飛込選手の、まさに飛込一家に生まれた若きサラブレッドである坂井選手は、神奈川県相模原市出身の24歳。両親の影響で自然に飛込競技を始めることになり、最初に出場した大会では幼稚園児だったそうで、当時の記憶は無かったそうです。小学校5年生の時に全国大会で初優勝、中学二年生で世界ジュニア大会に初出場しました。高校総体では3年連続で飛板飛込と高飛込の二冠を達成。2009年17歳の時には日本選手権で、1m飛板飛込で初優勝しました。その後日本体育大学に進み、現在はミキハウスに所属しています。

2014年仁川アジア大会で、3m飛板飛込で銅メダルを獲得。2016年にはリオオリンピック初出場を果たしましたが、決勝進出を逃し、「いいところがなかった」と悔しさをにじませ、4年後を見据えて演技に磨きをかけることを誓いました。専属コーチの父親とともに国際大会を周り、着々と力を付けている坂井選手、東京オリンピック2020開催時には28歳になります。ぜひ脂の乗った演技で会場をにぎわせて欲しいものです。

【スポンサードリンク】

東京オリンピック2020 飛込の代表選手は誰?女子

【板橋美波(いたはしみなみ)】
生年月日:2000年1月28日(16歳)
出身地:兵庫県宝塚市
出身校:甲子園学院高等学校(在学)
身長:150cm
体重:43kg

リオ大会に出場した日本人選手の中で、紅一点2000年生まれの板橋美波(いたはしみなみ)選手でした。兵庫県宝塚市出身の現役高校生で、小学校一年生から競泳を始めましたが、小柄な体格から競泳選手の道を諦め、小学校三年生の時に飛込に転向、寺内選手を育てた馬淵コーチの指導のもと、14歳の時に日本選手権で最年少優勝を果たします。

彼女の特徴は、小柄ながらその鍛え上げられた下半身にあります。世界と比較してもかなり発達している太ももとお尻の筋肉は、鋭い回転に必要な、正確な踏切、軸のずれないジャンプを見事に支えています。そして、板橋選手の最大の武器が、109C(前宙返り4回転半抱え型)という、男子選手にとってもかなり高難度の大技です。

2015年カザン世界選手権予選で、それまでに女子が国際大会で決めた例がなかった中、当時高校一年生だった150センチの小さな日本のエースが見事に109Cを決めて入水し、会場の喝采を受けました。しかし、まだ国際大会デビューから2年しかたっておらず、メンタルの弱さが出てしまい、その後のジャンプで失敗し決勝進出は逃しました。国際大会で勝ち抜く為には技術の向上だけではなく、メンタルの鍛錬も必要だと学んだ板橋選手、オリンピック・リオ大会では10m高飛込で8位入賞と、日本勢としてこの種目で実に80年ぶりの結果を残してくれました。東京大会ではぜひ、それ以上の結果を、欲張って言えばメダル獲得も期待できる選手です。

【馬淵優佳(まぶちゆか)】
生年月日:1995年2月5日(21歳)
出身地:兵庫県宝塚市
出身校:立命館大学(在学中)
所属:JSS宝塚スイミングスクール
身長:163cm
体重:57kg

最後にご紹介するのが、兵庫県宝塚市出身、現在立命館大学で学ぶ傍ら、JSS宝塚に所属している21歳、馬淵優佳(まぶちゆか)選手です。彼女の父親は、前述した通り、日本のレジェンド寺内選手の指導にあたり、また若き天才板橋選手を育てている馬淵崇英コーチです。3歳で水泳、6歳から父親のコーチのもと飛込競技を始めたのも、彼女の経歴を考えれば簡単にうなずけます。2009年香港東アジア大会では3m飛板飛込で銅メダル、2012年高校総体では飛板飛込で3連覇を果たし、まさに申し分の無い結果を残しました。

彼女が注目される所以はその輝かしい成績だけではなく、その美しい容姿にもあります。最近では、「美しすぎるアスリート」としてメディアに取り上げられるなど、経歴や実力以外でも注目を集める選手です。

リオ大会の出場を逃し悔しい思いをした彼女ですが、東京大会ではぜひとも、自身が目標とする高難易の技を習得し、出場権を獲得してほしいです。

【スポンサードリンク】

まとめ

男女4人の選手を紹介しましたが、東京オリンピック2020まで、まだまだ時間があります。この他にも若く、才能ある飛込の代表選手候補がどんどん育ってくるに違いありません。これからも期待をしたいところです。

以上、「東京オリンピック2020 飛込の代表選手候補(男女別)」でした。

Pocket

-代表選手
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© All Olympic Tokyo2020 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.