カウントダウンタイマー

東京オリンピック2020 体操団体の日程、会場、ルールと歴史

投稿日:

2016年リオネジャネイロオリンピックで日本の男子団体は念願の金メダル、女子団体は4位入賞と輝かしい成績を残した体操競技。東京オリンピック2020でも選手たちの活躍が楽しみですね。
今回は体操の中の団体について、日程、会場を確認し、ルールと歴史を学んでより楽しく応援しましょう。

【スポンサードリンク】

東京オリンピック2020 体操団体の日程・会場

開催期間:7月25日(土)~8月3日(月)

開会式翌日から体操競技が始まります。最初に男女の個人予選、決勝が行われたのち男女団体の予選、決勝が行われます。団体戦ののち、個人総合、種目別の競技でメダルが争われます。個人予選は、団体総合、個人総合、種目別の予選が兼ねられています。

会場は、『有明体操競技場』です。約12,000人の客席数となる体操専門の競技場です。

(イメージ https://tokyo2020.jp/)

(有明体操競技場の場所)

体操団体のルール

体操団体で行われる種目は、

男子:床、あん馬、つり輪、跳馬、平行棒、鉄棒
女子:跳馬、段違い平行棒、平均台、床

と、種目数が違います。

体操団体男子は、床→あん馬→つり輪→跳馬→平行棒→鉄棒、団体女子は跳馬→段違い平行棒→平均台→床が「正ローテ」と呼ばれます。予選1位のチームが正ローテの最初の種目から演技を行います。この競技順が順位に大きく影響することも少なくありません。

技の難易度は、男子はA~H、女子はA~Iまであります。
また、Dスコアは演技の価値点(技の内容など)、Eスコアは演技の美しさや出来栄え点で、DスコアとEスコアの合計点その演技の得点になります。

また、新技に人の名前がついていることが気になる人も多いでしょう。技に名前が付くには、国際体操連盟に新技を申請し、国際体操連盟が認めた大会で新技を申請した本人が新技を成功させることが条件です。
最近では白井健三選手が得意なひねり技に「シライ」と名前がついていることが有名です。

東京オリンピック2020では、1チーム5人で争われてきた団体戦を4人に変更することが決定しました。団体予選では4人の演技で各種目上位3人の得点を合計し、決勝は3人の演技で3人すべての得点を合計して順位を争います。

【スポンサードリンク】

体操団体の歴史

体操団体は1896年第1回アテネオリンピックから採用されました。

1936年ロサンゼルスオリンピックで日本は初めて参加し、参加5か国中5位という成績でした。

体操団体男子では、1960年ローマオリンピックで相原信行、遠藤幸雄、小野喬、竹本正男、鶴見修治、三栗崇の5選手が初めて金メダルを獲得しました。
その後、富田洋之の鉄棒の着地が記憶に新しいアテネオリンピック、内村航平、加藤凌平、山室光史、田中佑典、白井健三が悲願を果たしたリオネジャネイロオリンピックを含め7個の金メダルを獲得しています。

体操団体女子では1964年東京オリンピックで池田敬子、相原俊子、小野清子、中村多仁子、辻宏子、千葉吟子選手が銅メダルを獲得しています。2016年リオネジャネイロオリンピックでは寺本明日香、村上茉愛、杉原愛子、宮川紗江、内山由綺選手が出場し、見事4位に入賞しました。

まとめ

東京オリンピック2020でも輝かしい活躍が期待できる団体。体操団体の日程を確認し、精一杯応援して選手を盛り立てていきましょう。ルールやこれまでの歴史が分かれば、より一層楽しく観戦できますね。

以上、「東京オリンピック2020 体操団体の日程、会場、ルールと歴史」でした。

【スポンサードリンク】
Pocket

-種目別ルール, 種目別歴史
-, , , , , , , , ,

Copyright© All Olympic Tokyo2020 , 2017 AllRights Reserved.