カウントダウンタイマー

東京オリンピック2020 ラグビーの日本代表選手候補は誰?(男女別)

投稿日:


日本では7人制ラグビーの選手は15人制と兼任していますが、ラグビー強豪国などではそれぞれ専任選手でチームを組んでいます。日本ラグビー協会では、東京オリンピックへ向けて男女それぞれ7人制に特化した選手の育成に力を入れようとしています。

今回は、2020年東京オリンピックのラグビー競技の日本代表選手候補を男女別でご紹介します。

【スポンサードリンク】

東京オリンピック2020 ラグビーの日本代表選手候補は誰?男子

7人制のラグビー男子日本代表選手の愛称は「セブンズジャパン」といいます。

【トゥキリ・ロテ・ダウラアコ(とぅきり ろて だうらあこ)】
生年月日:1987年11月12日
身長:189cm
体重:99kg
出身地:フィジー
所属:クボタスピアーズ

5歳からラグビーを始め、高校卒業後に留学生として白鴎大学へ入学しました。

卒業後は北海道バーバリアンズに加入、2013年ラグビーワールドカップセブンズ2013の日本代表に選ばれました。
2015年、オリンピックに日本代表として出場するために日本へ帰化しました。
2016年から久保田スピアーズに加入し、同年リオオリンピックにも出場しました。

【坂井 克行(さかい かつゆき)】
生年月日:1988年9月7日
身長:173cm
体重:85kg
出身地:三重県
所属:豊田自動織機シャトルズ

BKの選手です。

中学まではサッカーをしていましたが、高校からラグビーを始め1年生の時に花園(全国高校ラグビー)で試合に出場しました。2006年度高校日本代表にも選ばれています。

早稲田大学4年生の2009年からセブンズでもプレーするようになり、セブンズ日本代表にも選出されました。
2012年にセブンズジャパンの主将を務め、2013年ラグビーワールドカップセブンズ2013に出場しました。2014年仁川アジア大会で金メダルを獲得、2016年リオオリンピックに出場しました。

【リーチ・マイケル(りーち まいける)】
生年月日:1988年10月7日
身長:189cm
体重:99kg
出身地:ニュージーランド
所属:チーフス

FWの選手です。

ニュージーランド出身の選手です。
15歳で留学生として来日し、札幌山の手高校へ入学しました。東海大学在学時の2008年にラグビージュニア世界選手権へ日本代表として出場しました。
卒業後は東芝ブレイブルーパスに加入し、2011年のワールドカップの代表にも選出されています。

2012年に日本人女性と結婚して、翌2013年に日本に帰化しました。

2013年には2月に左ひじを骨折、6月には足首を脱臼骨折したため秋まで長期離脱しました。2014年にはラグビー日本代表の主将を務め、2015年のワールドカップも代表として出場しました。同年、ニュージーランドの強豪チーフスへ加入しました。

大のコーヒー好きとして知られ、好きが高じて東京都府中市に「Café+64」というニュージーランドスタイルのカフェを2015年に出店しました。

【レメキ・ロマノ・ラヴァ(れめき ろまの らヴぁ)】
生年月日:1989年1月20日
身長:177cm
体重:93kg
出身地:ニュージーランド
所属:ホンダヒート

FWの選手です。

ニュージーランド出身の選手です。

2009年に高校卒業後にオーストラリアのクラブから、キャノンへと移籍しました。

2011年にはマツダブルーズマーズ、2014年にはホンドヒートに加入しました。同年、日本国籍を取得しセブンズジャパンにも選ばれ、仁川のアジア大会で金メダルを獲得しました。
2016年リオオリンピックにも出場しています。

【彦坂 匡克(ひこさか まさかつ)】
生年月日:1991年1月18日
身長:177cm
体重:90kg
出身地:愛知県
所属:トヨタ自動車ヴェルブリッツ

小学1年生から双子の弟と共にラグビーを始めました。
弟の圭克選手もトヨタ自動車ヴェルブリッツに所属しています。

2009年の国体には兄弟そろって県代表として選出されました。
筑波大学を卒業後、2013年にユニバーシアード競技大会の7人制日本代表に選ばれました。
2014年仁川のアジア大会、2016年リオオリンピックではセブンズジャパンに選出され出場しました。

【羽野 一志(はの かずし)】
生年月日:1991年6月21日
身長:185cm
体重:87kg
出身地:愛知県
所属:NTTコミュニケーションズシャイニングアース

BKの選手です。

幼少時代はバスケットボールをしていましたが、中学ではバスケットボール部がないということもありラグビー部へ入部しました。
ラグビーの強豪校である西陵高校から中央大学へ進学、2010年にU20日本代表に選出され、2013年にはラグビーワールドカップセブンズ2013の日本代表に選出されました。
2014年仁川のアジア大会、2016年リオオリンピックにもセブンズジャパンに選ばれ出場しました。

【後藤 輝也(ごとう てるや)】
生年月日:1991年12月18日
身長:177cm
体重:82kg
出身地:山梨県
所属:NECグリーンロケッツ

ラグビーは高校から始めましたが、山梨学院大学ラグビー部では2013年に主将に就任、関東ラグビーリーグ戦グループ1部昇格に貢献しました。
2015年セブンズジャパンに選出され、50m5秒9の俊足を生かしてアジア予選で活躍しました。2016年リオオリンピックに出場しました。

【福岡 堅樹(ふくおか けんき)】
生年月日:1992年9月7日
身長:176cm
体重:85kg
出身地:福岡県
所属:サンウルブズ

5歳かいラグビーを始めました。
2010年、花園(全国高校ラグビー)に出場、大学は筑波大学へ進学してラグビー部へ入部しました。2013年の全国大学選手権では同校初の準優勝へと貢献しました。
2013年2月にジュニア・ジャパンへ選出、4月には日本代表にも選出されました。
2015年ラグビーワールドカップ2015の日本代表に選出、2016年のリオオリンピックではセブンズジャパンに選出され出場しました。

【大石 力也(おおいし りきや)】
生年月日:1993年1月29日
身長:190cm
体重:95kg
出身地:長野県
所属:NECグリーンロケッツ

FWの選手です。

小学校からラグビーを始め、2014年に山梨学院大学ラグビー部の主将に就任、同年男子セブンズ学生日本代表にも選ばれました。2015年2月、シーズン途中からセブンズジャパンに選ばれました。

【鶴田 桂樹(つるた けいじゅ)】
生年月日:1996年2月28日
身長:172cm
体重:74kg
出身地:山梨県
所属:同志社大学

BKの選手です。

小学校から中学までは剣道をしていました。兄は新陰流の鶴田光樹です。
ラグビーは高校から始めましたが、高校2年・3年生には花園(全国高校ラグビー)に出場しました。
2016年からセブンズジャパンに選ばれています。
2016年、2017年関西セブンズフェスティバルでは2年連続で大会MVPとなりました。

【スポンサードリンク】

東京オリンピック2020 ラグビーの日本代表選手候補は誰?女子

7人制のラグビー女子日本代表選手は、公募により2013年「サクラセブンズ」という愛称に決定しました。

【中村 知春(なかむら ちはる)】
生年月日:1988年4月25日
身長:162cm
体重:64kg
出身地:神奈川県
所属:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA

ポジションはFWとBKの両方です。

小学4年生から大学までバスケットボールをしていましたが、2010年からラグビーを始め、翌年にはセブンズもプレーするようになりました。
2012年からは女子セブンズ日本代表の主将を務めています。
2014年仁川のアジア大会ではサクラセブンズに選出され銀メダルを獲得しました。
2016年リオオリンピックに出場しました。

2015年「女子アジアラグビーチャンピオンシップ」メンバーとして(15人制)女子日本代表に選ばれました。

【鈴木 彩香(すずき あやか)】
生年月日:1989年9月30日
身長:168cm
体重:65kg
出身地:神奈川県
所属:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA

小学4年生からラグビーを始めました。
元サクラセブンズのエース山口真理恵と小・中学校が同級生です。

中学では陸上部に所属しながらラグビーを続けていましたが、高校では陸上部に所属して全国大会に出場するほどでした。
ラグビーから離れていましたが、7人制のU23日本代表に呼ばれ合格して2007年の香港セブンズに出場しました。

2009年から7人制ラグビー女子日本代表に定着して国際大会に出場、2010年には7人制日本代表の主将に就任しました。
2016年リオオリンピックに出場しました。

【鈴木 実沙紀(すずき みさき)】
生年月日:1992年4月9日
身長:163cm
体重:63kg
出身地:神奈川県
所属:東京フェニックスRC

FWの選手です。

小学校の時からラグビーを始め新体操と並行していましたが、中学1年生の時にラグビー一本に絞りました。
高校は女子でもラグビー部がある千葉県の船橋高等学校へ進学、大学はラグビーの名門関東学院大学へ進み初の女子選手となりました。
2010年、高校在学中に広州のアジア大会の7人制女子日本代表に選ばれ、2012年には15人制ラグビー女子日本代表の主将に就任、2013年ラグビーワールドカップセブンズの7人制女子日本代表に選出され出場しました。

【横尾 千里(よこお ちさと)】
生年月日:1992年5月22日
身長:164cm
体重:60kg
出身地:東京都
所属:東京フェニックスRC

FWの選手です。

小学1年生からラグビーを始め、中学は国学院久我山中学へ進学しました。
男子に交じって県選抜に選ばれ、中学3年生の時には全国ジュニア・ラグビーフットボール大会(花園ラグビー場)に男子とともに出場しました。

早稲田大学在学中に15人制から7人制へ変更して、ラグビーワールドカップセブンズ2013の7人制女子日本代表に選出されました。
2014年仁川のアジア大会、2016年リオオリンピックでも選出され出場しました。

【谷口 令子(たにぐち れいこ)】
生年月日:1992年9月7日
身長:166cm
体重:64kg
出身地:神奈川県
所属:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA

BKの選手です。

ラグビーを始めたのは小学校3年生の時、兄が所属していたラグビーチームの試合を見に行ったことがきっかけでした。その頃から抜群に足が速くプレーにキレがあったそうです。
中学・高校は陸上部に所属しながら都内の女性ラグビーチームに所属しました。
大学は女子ラグビー部の強豪である東京学芸大学へ進学、2013年ラグビーワールドカップセブンズの7人制女子日本代表に選ばれました。
2014年仁川のアジア大会、2016年リオオリンピックでも選出され出場しました。

【山中 美緒(やまなか みお)】
生年月日:1995年10月27日
身長:157cm
体重:55kg
出身地:大阪府
所属:立正大学

BKの選手です。

高校は女子でもラグビー部がある千葉県の船橋高等学校へ進学、大学は女子ラグビー部の強豪である立正大学へ進学しました。
2016年サンパウロ女子セブンズで7人制女子日本代表に初選出され、リオオリンピックにも出場しました。

【小出 深冬(こいで みふゆ)】
生年月日:1995年12月21日
身長:165cm
体重:58kg
出身地:神奈川県
所属:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA

BKの選手です。
弟は関東学院大学のラグビー選手です。

小学校からラグビーを始めました。
中学では陸上部に入り100m障害で県大会にも出場しましたが、中学2年の時にオリンピックで7人制ラグビーが採用されたことを知り、ラグビーに本格的に取り組むようになりました。
高校3年生で女子日本代表に選出され、2014年仁川のアジア大会、2016年リオオリンピックに出場しました。

【堤 ほの花(つつみ ほのか)】
生年月日:1997年6月19日
身長:153cm
体重:55kg
出身地:佐賀県
所属:日本体育大学

BKの選手です。

小学1年生から父親の影響で本格的にラグビーを始めました。

中学は陸上競技に打ち込み、50m6秒8というスピードです。

高校はラグビー強豪校の佐賀工業高校で、初の女子ラグビー部員として入部しました。男子とほぼ同じメニューをしたそうです。
2015年「女子アジアラグビーチャンピオンシップ」の15人制女子日本代表に選出されました。
2017年7人制女子日本代表に選出され、次期エースと期待されています。

【長田 いろは(ながた いろは)】
生年月日:1998年12月21日
身長:167cm
体重:64kg
出身地:福岡県
所属:立正大学

BKの選手です。

小学6年生まではバレエをしていましたが、弟の影響で中学からラグビーを始めました。持ち味は巧みなステップで相手をかわすことと強烈なタックルです。
2017年に15人制・7人制女子日本代表の両方に選出されました。

【平野 優芽(ひらの ゆめ)】
生年月日:2000年3月15日
身長:160cm
体重:48kg
出身地:東京都
所属:Rugirl-7

小学1年生から祖父と父の影響でラグビーを始めました。
中学2年生からRugirl-7ジュニアに加入、また日本ラグビー協会主催のセブンズアカデミーのメンバーにも選出されました。
高校ではラグビーに役立つために『重量挙げ部』に入部しました。
2015年「太陽生命ウィメンズセブンズ2015 東京大会」では、所属チームは敗れたもののMVPに選ばれました。

【スポンサードリンク】

まとめ

7人制ラグビーの見どころはボールや選手の動きなど試合展開が早いところです。
日本代表選手はスピード重視で選ばれているようです。しかし、強豪国ではスピードがありフィジカルも強い選手が多くいます。
今後は日本でも専任選手が増え、強豪国に負けないようなフィジカルとスピードのある選手が育成されるといいですね。

以上、「東京オリンピック2020 ラグビーの日本代表選手候補は誰?(男女別)」でした。

Pocket

-代表選手
-, , , , , , , ,

Copyright© All Olympic Tokyo2020 , 2017 AllRights Reserved.