カウントダウンタイマー

東京オリンピック2020 陸上(七種競技・女子)の日程、会場、ルールと歴史

投稿日:

日本ではあまり馴染みのない七種競技ですが、走・跳・投のすべての能力で頂点を競い合うこの種目は、ヨーロッパでは大変人気があります。
2日間という短い期間に、7つの種目すべてで高い記録を出していく選手たちの戦いは、陸上競技の魅力がたっぷりと詰まったものになっています。
今回は七種競技について、日程や会場、ルール、歴史をご紹介していきます。七種競技の魅力を知り、2020年の東京オリンピックでは選手たちに熱いエールを送りましょう。

【スポンサードリンク】

東京オリンピック2020 陸上(七種競技)の日程・会場

開催日程:7月31日(金)~8月8日(土)

陸上競技は上記の日程で行われ、七種競技はこのうちの2日間で実施されます。

会場:新国立競技場

陸上(七種競技)のルール

七種競技は、主に高校生以上の女子で行われている混成種目です。7種目を2日間連続で実施し、種目ごとに決められている計算式によって出された得点の合計を競い合います。

1日目は100mH、走り高跳び、砲丸投げ、200m走の順に、2日目は走り幅跳び、やり投げ、800m走の順に競技を行います。
7種の競技は基本的に、それぞれの種目のルールに則って実施されます。例外として、
(1)砲丸投げ、やり投げ、走り幅跳びの3種目では、本来の種目よりも少ない3回のみの試技を行い、ベストの記録を採用
(2)トラック種目での不正スタート(フライング)については、1回目はやり直し、2回目以降にフライングをした選手は失格
などのルールが設けられています。

選手たちは7種すべての種目に参加しなければなりません。1種目でも参加しなかった場合は、その時点で失格となり、それ以降の種目に参加することはできません。

各種目の得点は、決められた式に記録値を代入することで計算されます。記録を式に代入する際、「T」には記録を秒単位、「D」には記録をメートル単位、「d」には記録をセンチメートル単位に変換してから代入します。
式は以下の通りです。

・100mH : 9.23076×(26.7-T)1.835
・走り高跳び : 1.84523×(d-75)1.348
・砲丸投げ : 56.0211×(D-1.5)1.05
・200m走 : 4.99087×(42.5-T)1.81
・走り幅跳び : 0.188807×(d-210)1.41
・やり投げ : 15.9803×(D-3.8)1.04
・800m走 : 0.11193×(254-T)1.88

このように複雑な式から算出されるため、得点表や計算ツールなどが用意されています。

【スポンサードリンク】

陸上(七種競技)の歴史

七種競技の前身は、1964年の東京オリンピックから1980年のモスクワオリンピックまで行われていた五種競技だと言われています。七種競技自体がオリンピックで採用されるようになったのは、1984年のロサンゼルスオリンピックからで、女子選手の体力が向上したため、種目数が増やされたそうです。
七種競技の記録が公式に認められるようになったのは、日本で1981年から、世界で1982年からで、日本の方が1年早く公認されています。

世界記録は、1988年8月20日に記録された7291点です。この記録を持っているアメリカのジャッキー・ジョイナー=カーシーさんは、七種競技において圧倒的な強さを誇り、世界歴代6位までの記録を独占しています。また走り幅跳びの選手としても活躍し、オリンピックや世界陸上で、七種競技・走り幅跳びの2種目2冠を達成しており、能力の高さがうかがい知れます。実の兄であるアル・ジョイナーさんも三段跳びでオリンピックの金メダルを獲得し、義理の姉のフローレンス・グリフィス=ジョイナーさんは女子100m・200mの世界記録保持者です。

彼女の素晴らしい記録には、一家でトップアスリートというその家系も影響しているのかもしれません。

日本記録は、2004年6月5日に中田有紀選手が出した5962点です。中田選手は、日本選手権で2002年から2010年まで9連覇を達成し、他を寄せ付けない強さを見せています。これまで4度も日本記録を塗り替え、日本の七種競技のレベルを飛躍的に向上させました。しかしながら、それでも世界記録やアジア記録の6423点とは大きな差があるのが現状です。

2011年以降になると、大学生の選手が日本選手権で優勝するなど若手選手が台頭し始め、日本七種競技の更なる飛躍に期待が高まっています。

まとめ

七種競技の優勝者は「クイーン・オブ・アスリート」と称えられます。アスリートの頂点を極める種目とも言える七種競技で、日本人選手が活躍している姿が見たいですよね。
現在、若くして日本のトップレベルにまでのぼり詰めた選手たちが、今度は世界を見据えてトレーニングに励んでいるはずです。2020年の東京オリンピックまでにどんな選手に成長してくれるのか、これからが楽しみですね!

以上、「東京オリンピック2020 陸上(七種競技・女子)の日程、ルールと歴史」でした。

【スポンサードリンク】
Pocket

-種目別ルール, 種目別歴史
-, , , , , , ,

Copyright© All Olympic Tokyo2020 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.