カウントダウンタイマー

東京オリンピック2020 リレーの日程、ルールと歴史

投稿日:2017-01-23 更新日:

Pocket

オリンピック後半の花形種目と言われる陸上競技の中でも、一番といって良いほど盛り上がるのがリレー競技です。リオオリンピックでは、男子4×100mリレーメンバーが銀メダルを獲得したことも、記憶に新しいのではないのでしょうか。
2020年の東京オリンピックに向けて今一度、陸上・リレー競技の日程やルールと歴史を確認し、応援に備えましょう。

【スポンサードリンク】

東京オリンピック2020 陸上(リレー)の日程

競技日程:2020年7月31日(金)~8月8日(土)

決定しているのは、陸上トラック競技の日程です。この期間の中でリレーもおこなれますが、リレー競技は終盤に行われることが多いようです。トラック競技はかなり長い期間をかけて開催されますので、最後の最後まで見逃せませんね。

陸上(リレー)のルール

4×100mリレーは日本では4継とも言われており、4×400mリレー以上にバトンパスの技術が重要になります。4人とも決まっているレーン(セパレートレーン)内で走るルールであり、カーブゾーンでラインを超えると失格となってしまいます。
しかし、直線ゾーンでのラインオーバーは、他の選手の走行妨害とならない限り失格扱いにはなりませんし、他選手の妨害などによりラインを超えた場合も失格にはなりません。

また、4×400mリレーは合計1,600m・約1マイルであることから、マイルリレーとも呼ばれています。第1走者のみがセパレートゾーン内で走り、第2走者が第2コーナーを回ってからは自由(オープンレーン)となって走ります。

両競技ともにリレーでは、バトンを受け渡しするためのテイクオーバーゾーンというエリアが定められ、選手はこの中のみでバトンの受け渡しを行うことが出来ます。
テイクオーバーゾーンに入る前に次走者の手にバトンが触れたり、エリア外でのバトン受け渡しが行われた場合は失格となります。また、受け渡し時にバトンが落花した際には、現走者が拾って次走者へ渡さなければならず、次走者が拾い走るのは失格扱いとなってしまいます。
レース開始の合図よりも早くスタートしてしまうフライング行為も、失格扱いの不正行為です。

バトンパスの方法は、バトンを受け取る走者が上向きに広げた掌にバトンを置くように渡すオーバーハンドパスと、バトンを受け取る走者が下向きに開いた掌にバトンを下から差し入れるアンダーハンドパスの2つに分類されます。
世界的にはオーバーハンドパスが主流ですが、日本ではアンダーハンドパスを磨き上げ、出来るだけ減速せずに走ることで世界と対等に戦っているんですね。

【スポンサードリンク】

陸上(リレー)の歴史

陸上競技自体の歴史は大変古く、紀元前776年の第1回古代オリンピックまで遡ります。1896年の第1回アテネオリンピックをきっかけに、競技として世界各国に広がりました。
日本には明治初期にイギリス人教師より伝えられ、1921年の第5回ストックホルムオリンピックでは2名の選手が初出場を果たしています。また、男子は1896年から実施されていますが、女子は1928年のアムステルダムオリンピックより実施されている競技でもあります。

男子リレー競技は、1912年のオリンピックより、4×100m・4×400mの2つが種目入りしています。女子リレー競技は、4×100mが1928年のオリンピックより、4×400mが1972年のミュンヘンオリンピックより種目入りしています。男子リレーと女子リレーの歴史には、大きく差があるんですね。

現在のオリンピックでも4人で100mずつを走る4×100mリレーと、4人で400mずつを走る4×400mリレーの2つが採用されています。個人競技の多い陸上競技の中では珍しい団体競技であり、1本のバトンを繋ぎながら最終的なタイムを競います。
最初の走者以降は加速出来るゾーンがあるため、単純に4人の合計タイムよりも良い記録が出ることがほとんどです。

まとめ

今回は、陸上・リレー競技についてのルールや歴史、東京オリンピックでの日程をおさらいしてみました。

男子リレー競技ではオリンピックでのメダル獲得の実績もあり、2020年の東京オリンピックでも大いに期待をしたいですね。女子リレー競技はまず、オリンピック出場枠の獲得が当面の目標です。男子リレーのように盛り上ってほしいところですね。

以上、「東京オリンピック2020 リレーの日程、ルールと歴史」でした。

【スポンサードリンク】
Pocket

-種目別ルール, 種目別歴史
-, , , , , , , , , ,

Copyright© All Olympic Tokyo2020 , 2017 AllRights Reserved.