カウントダウンタイマー

東京オリンピック詐欺に注意!詐欺、勧誘の手口はこれ!

投稿日:

Pocket

2020年に開催される東京オリンピックの競技会場が決まりましたね。今後、ますます東京オリンピック関連のニュースが出てくることと思いますが、そのオリンピックをネタにした詐欺や勧誘が急増していると、消費者庁から注意喚起が出されています。
今回は急増している詐欺の手口、また勧誘方法についてまとめました。詐欺や勧誘に遭った場合の相談窓口についてもご紹介します。

【スポンサードリンク】

オリンピックをネタにした詐欺・勧誘の手口

2015年8月以降、東京オリンピックをネタにした詐欺が増えています。特に多いのが「劇場型」と呼ばれる詐欺の手口のようです。これは、複数人が関与して時には警察官や弁護士などにもなりすまし、電話をかけてくる巧妙な手口です。

いくつかのパターンがあるようなので、実際にあった例をご紹介します。

【チケット申込に関する詐欺(Aさんの場合)】
「オリンピック財団」と名乗る団体から、Aさん名義で多額の東京オリンピックのチケット申し込みがあったと連絡があります。「申し込みはしていない」と答えたAさんに対し、「調査した結果、犯罪グループにAさんの個人情報が載っている。このままでは銀行口座が差し押さえられる。」と騙り、困惑させて「個人情報を削除するのに費用が発生する」等の名目で金銭を請求する。

消費者庁が調査した、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為を確認した事業者は以下のように公表されています。

・オリンピック財団
・日本オリンピック財団
・オリンピック協会
・日本オリンピック協会
・日本スポーツ協会
・日本スポーツセンター

など。いずれも所在地は不詳、事業内容は「東京オリンピックのチケット販売等」などを消費者に告げているそうです。

【チケット転売による差額利益の詐欺(Bさんの場合)】
Bさんのお宅へ、実在する旅行会社を名乗るCから「D旅行会社からの東京オリンピックのSS席の先行予約についてのハガキが来ていませんか?」と電話がかかります。Bさんは何のことかわからないと、応えると一旦電話は切れます。

数日後、実際にD社の名前でオリンピックのSS席の先行予約についてのハガキが届きました。Bさんは念のため、記載してあった電話番号に確認してみると、チケットは現在販売中との回答でした。

そしてまた、Cから「ハガキは届いていませんか?チケットを買ってくれれば、SS席なら45万円で買い取ります!」と電話がありました。
ハガキに載っているSS席の価格は12万5千円、30万円以上の利益が得られることになります。ところが、支払い方法は「宅配便」という指定だったので、妙だと思ったBさんは、届いたハガキを持って旅行会社の営業所へ訪れました。

そこでようやく詐欺だと判明しました。なぜなら、東京オリンピックのチケットが発売されるのは2019年の予定だからです。

直近の大会であるロンドン、リオは大会開幕の約1年半前から順次販売受付を開始しています。また、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会では、発売日は決まり次第、公式ホームページで案内していくと明記しています。

同じように「転売による利益」詐欺は東京オリンピックのインフラに関わる会社の社債購入の勧誘でもあるようです。

「あなただけ」「絶対に利益が出る」「個人情報を削除するのに費用が発生する」は詐欺師の常套句と言ってもいいものです。
気を付けていても、登場人物が警察官や弁護士を名乗ると心理的に焦ってしまうかと思います。こういった電話がかかってきても、一旦、落ち着いてみましょう。

【スポンサードリンク】

詐欺、勧誘にあったら?

「電話でお金の話は“詐欺”」「宅配便でお金を送ってと言われたら“詐欺”」と考えましょう。もしそういった電話がかかってきたら、即電話を切って絶対に応じないことです。
断ろうとしても、詐欺グループはあの手この手でなんとか話をつなげようとしてきます。また、応じてしまった場合には1人で対応せず、必ず家族や知人に相談してください。

「誰にも相談してはいけない」と詐欺グループに言われても、それを守る必要はありません。それは詐欺の手口です。

そして、もしも東京オリンピックに関連した詐欺、勧誘にあってしまったら下記の相談窓口に連絡してください。詐欺グループが教えた警察を称する電話番号に連絡してはいけません。

◯消費者ホットライン(最寄りの消費生活センター等を案内してくれます)
 電話番号 188(いやや!)

◯警察相談専用番号
 電話番号 #9110

まとめ

これらの手口は、既存の“振込詐欺”などで使われているものです。
国民の関心が高い「東京オリンピック」は、詐欺グループにとって恰好の扱いやすいネタのようです。こうした電話等には応じないことが第一ですが、応じてしまった場合は#9110(警察相談)に電話してください。
「楽してお金は儲かる方法はない」「電話でお金の話は“詐欺”」ということですね。

以上、「東京オリンピック詐欺に注意!詐欺、勧誘の手口はこれ!」でした。

【スポンサードリンク】
Pocket

-最新ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© All Olympic Tokyo2020 , 2017 AllRights Reserved.