カウントダウンタイマー

東京オリンピック2020 陸上(ハンマー投げ)の日程、会場、ルールと歴史

投稿日:

陸上競技の投擲種目に属するハンマー投げ、日本のみならず世界的に室伏広治選手がこの種目で圧倒的な知名度を誇っていますね。今回は東京オリンピック2020をもっと楽しむ為に、ハンマー投げに関する知識を持っていただくため、日程や会場、ルール、歴史をご紹介します。

【スポンサードリンク】

東京オリンピック2020 陸上(ハンマー投げ)の日程・会場

開催期間:7月31日(金)〜8月8日(土)

マラソン競技を除くすべての陸上(トラック・フィールド)競技は、このの9日間行われ、ハンマー投げの選手も高見を目指して争います。

会場:新国立競技場

開会式、閉会式も行われる新国立競技場が陸上の会場となります。

陸上(ハンマー投げ)のルール

ハンマー投げは、砲丸にワイヤーとその先にハンドルがつけられている物がハンマーと呼ばれ、ハンマー全体(ヘッド、ワイヤー、ハンドル)の重さは、男子で7.26kg(16ポンド)、女子で4kg(8.82ポンド)です。

ワイヤーの長さは、男子で1.175m〜1.215m、女子で1.160m〜1.195mと定められています。

直径2.135m(7フィート)の円形の場所から投げ、角度34.92度の内側のラインに入ったものだけが有効な試技となります。線上に落ちたものは失格です。

投擲方法は選手によって異なりますが、3回転、または4回転するのが通常となっています。例えば世界記録保持者のユーリ・セディフ選手は3回転、室伏広治選手は4回転して投擲します。

落下したハンマーの投擲場所から一番近い点から、投擲した円の中心までの距離が記録になります。

一人3回の試技の後、予選通過標準記録に達した選手全員が決勝へ進みます。12名に達しなかった場合は、上位12名が決勝に進みます。決勝では、3回の試技の後、上位8名の選手は続けてさらに3回試技を行い、合計6回の試技のうち一番良い記録によって争います。

【スポンサードリンク】

陸上(ハンマー投げ)の歴史

ハンマー投げはいつごろから行われているのでしょうか?

もともとはアイルランドが発祥の地とされており、紀元前1829年タラ村で行われた車輪投げが起源になったと言われ、それ以降、金槌に鎖を付けて投げるスタイルが定着し、「ハンマー投げ」と呼ばれるようになったと言われています。

その後19世紀に競技としてイギリスでルールが整えられ、現在のような形になりました。

日本ではどうでしょうか?国内のハンマー投げの歴史は、室伏重信・広治親子を除いては語れず、またその親子の歴史が日本のハンマー投げの歴史そのものと言っても過言ではありません。

まず父である室伏重信氏は、現役時代日本選手権10連覇、オリンピック代表4回、アジア大会5連覇と、まさに「アジアの鉄人」にふさわしい驚くべき記録を打ち立てている人物です。息子の広治氏が破る前の日本記録保持者でもあります。しかしその前日本記録(75.96m)は、現在でも日本歴代2位の記録として残り続けています。

世界で戦うには小柄な体格だった為、投擲フォームを徹底的に研究し、独自のフォームを生み出しました。現在では息子の広治氏にのみ受け継がれています。

そんな偉大な父を、さらに大きく超えて来たのが、息子の室伏広治選手です。
身長187cm、体重99kgと恵まれた体格と、前述した通りすぐそばで偉大な先輩・コーチである父の教えを受けながら、早いうちから頭角を現してきました。日本人で70m越えの記録を残したのは彼ら親子を含め7人で、80m以上の記録は日本人で広治氏のみです。
室伏選手はオリンピック、世界陸上で金・銀・銅メダルを獲得、日本陸上選手権大会では1995年からなんと20連覇という大記録を打ち立てています。2004年には紫綬褒章を受賞しました。現在の彼が打ち立てた日本記録84m86は、同時にアジア記録であり、現在でも世界歴代4位の記録です。

その妹である、室伏由香氏は2004年に女子日本記録(67m77)を樹立し、2016年現在も破られていません。

まとめ

東京オリンピック2020ではどのような選手が活躍してくれるのでしょうか?日程、会場、そしてルールや歴史はご紹介したので、後は本番を待つだけですね!

以上、「東京オリンピック2020 陸上(ハンマー投げ)の日程、会場、ルールと歴史」でした。

【スポンサードリンク】
Pocket

-種目別ルール, 種目別歴史
-, , , , , , ,

Copyright© All Olympic Tokyo2020 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.