カウントダウンタイマー

東京オリンピックのグッズ 種類と販売店の場所を一覧で紹介!!

投稿日:

(引用元:https://dentsu-ho.com/articles/4188)

2020年の東京オリンピックまであと3年となりましたが、オフィシャルグッズが既に販売されていると知っていますか?実際の店舗でも販売しているので実物を見て購入することもできます。

今回は、東京オリンピックのオフィシャルグッズの販売店の場所やグッズ内容についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

東京オリンピックオフィシャルグッズの種類

東京オリンピックの公式オリジナル商品は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が独自に企画・展開する商品のことです。

組市松紋の大会エンブレムやJOC・JPCのエンブレムをあしらったグッズなどが、2016年6月23日からオフィシャルオンラインショップや東京都庁内の売店などで販売されています。

通常、オフィシャルグッズはオリンピックの開催年に多く売り上げるそうです。
東京オリンピック開催の4年前から販売が始まった理由としては、少しでも早く販売することでオフィシャルグッズを通じて、多くの人にオリンピックへの関心を高めてもらうためだそうです。また、早い時期から販売することで収益を上げ運営費に充てたい狙いもあるようです。

現在、公式オンラインショップで取り扱いをしているグッズは、下のようなラインナップになっています。

「東京2020オリンピック・エンブレム」は、同商品の柄違いでパラリンピック・エンブレムの商品も販売されています。※価格は税込みです


・KIDS用Tシャツ 2,700円

・大人用Tシャツ 4,536円

・キャップ 3,456円

・桐生織ネクタイ 12,960円

・浴衣 (男性用・女性用) 各10,800円

・タオル (ハンドタオル、スポーツタオルなど)864円~3,024円

・ピンバッジ(オリンピック・カラー5色セット) 3,240円

などの他、組市松紋デザインのものもあります。


・横浜捺染トートバッグ 5,724円

・有田焼 六寸皿 (えんじ/藍) 各9,450円

・東京染小紋 風呂敷クロス 11,880円

※小池都知事がスカーフとして話題になったものです。現在、受注生産品となっています。

また販売されているグッズには、鉄腕アトムやドラゴンボール、セーラームーンなどのキャラクターがデザインされたJOC・JPCキャラクターシリーズもあります。



・うちわ 594円

・コップ 810円~1,080円

・キーホルダー 810円

以上のように、Tシャツなどのアパレルから小物、食器まで豊富なラインナップになっています。

(引用元 https://tokyo2020shop.jp/)

【スポンサードリンク】

販売店一覧

実際の店舗で東京オリンピックのオフィシャルグッズを取り扱っている販売店です。

東京都庁ではTシャツ、タオル、ピンバッジなどが販売されています。
店舗によって在庫状況は異なりますので、確実に手に入れたい場合は事前に問い合わせをした方がいいでしょう。

東京都庁の所在地:東京都新宿区西新宿2-8-1

店舗名:くまざわ書店 都庁店
場所:東京都庁第一本庁舎2階
電話:03-5320-7537

店舗名:クランク トランク
場所:東京都庁第一本庁舎南塔45階
電話:03-5320-7577

店舗名:弘済会アシスト
場所:東京都庁都民広場地下
電話:03-5381-6335

店舗名:セブンイレブン東京都議会議事堂店
場所:東京都庁都民広場地下
電話:03-3343-2177

店舗名:TOKYO 地域特産品売店
場所:東京都庁第一本庁舎1階
電話:03-5320-7547

店舗名:東京フジカラー都庁店
場所:東京都庁都民広場地下
電話:03-5320-7548

店舗名:ファミマ!!東京都庁第二本庁舎店
場所:東京都庁第二本庁舎2階
電話:03-5909-0035

店舗名:博品館 TOYPARK
場所:東京都庁第一本庁舎北塔45階
電話:03-5320-7570

都庁内の店舗以外でも取り扱っています。

店舗名:アスリートジャパンスクエア
所在地:東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館1階
電話:03-5454-1871

店舗名:ギフトショップ・ザ・アキバ
所在地:東京都千代田区外神田1-15-16 秋葉原ラジオ会館1階
電話:03-3526-2632

ここで紹介した以外にも、全国の大型スポーツ用品店のスポーツオーソリティ各店などで販売されています。また、期間限定のショップなどで販売されることもあるようです。

【スポンサードリンク】

まとめ

2020年東京オリンピックの公式グッズは、2016年から販売が始まっています。

定番のTシャツやピンバッジ以外にも浴衣やトートバッグ、風呂敷クロスが登場して種類が豊富です。公式オンラインショップ以外では都庁内の店舗などで販売しています。公式グッズをいち早く手に入れて、オリンピック気分も盛り上げるのもいいですね。

以上、「東京オリンピックのグッズはオンラインで買える?販売店の場所を一覧で紹介!」でした。

Pocket

-チケット・グッズ
-, , , , , , , , ,

Copyright© All Olympic Tokyo2020 , 2017 AllRights Reserved.